アルバイトの流れについて

アルバイトを希望して勤務するにはどのような流れになっているのでしょうか。

①アルバイト求人情報の収集
あなたが勤務した異業種やアルバイト先を知るには、まず求人情報を収集することから始まります。
収集の方法としては、
・ハローワークでの収集
・アルバイト求人誌での収集
・アルバイト登録会社への登録による収集
・大学の学生会館などの求人情報による収集
・友人、知人などからの紹介
...などが挙げられます。

②アルバイト求人情報の取得による応募先の選定
あなたが勤務したいアルバイト先を、職種、待遇面(時給)、業務内容、業務時間、通勤距離や通勤時間などを検討しながらいくつかの候補を選択します。

③求人先への応募
ほとんどの場合、アルバイトといえども履歴書を事前送付か、面接時持参するところがほとんどです。
履歴書は、「自分は何でこの求人先を選んだのか」、「そのために何をしたいのか」を明確に伝えることが大事です。
待遇面が良かったからと素直な気持ちを伝えるとともに、この仕事でどのような経験をしたいのかなどを記載すると良いかもしれません。

④面接
飲食業や接客業の場合、本部のある事務所で面接を行うよりも、勤務するお店などへ赴いて面接するケースがほとんどです。
それは、現場を取り仕切る店長が直接その人を見たいからです。
そしてもう一つの理由は、店長などにその裁量が委ねられている場合が多いからです。

⑤採用通知
面接後、数日して採否の通知があるのが普通ですが、面接後、すぐに採用という場合もあります。
その勤務先が、人手不足に陥り、すぐにでも戦力が欲しい時などは、「明日からでも来てください。」と、即決されたりします。

⑥勤務開始
勤務先では、どのような服装で行けばよいのか、予め確認します。
所定の制服がある場合は、事前にサイズなどを告げ、勤務開始から着用できるようにしておきましょう。
また、出勤初日に持参する物なども事前に確認しておいた方がよいでしょう。
公共の交通機関や徒歩以外での通勤を希望される場合は、それが可能なのか(従業員用の駐車場が確保してあるなど)確認ととりましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 求人まるごとナレッジ・アルバイト編 All Rights Reserved.