アルバイトとパートの違いは

よく、「パート・アルバイト募集」と求人案内が、求人誌などに載っていますが、アルバイトとパートの違いとはどういうものでしょうか。
法律的には、パート・アルバイト共に「一週間の所定労働時間が、通常の労働者(社員)よりも短いもの、または労働日数が少ない者」と、パートタイム労働法により定められています。
一般的な違いは、パートの方が、より社員に近い勤務内容であるということです。
パートの勤務時間は社員などとほとんど変わらず、そういったことにより、業務の内容もほとんど変わらないというのが実態です。
雇用側としては、パートの方が人件費の抑制に繋がるので、このような雇用形態を用いているところが多いのです。
パートは、一般に子どもさんを持った主婦の方が務めるケースが多く、雇用期間も長いのが特徴です。
待遇面において、時給はパートの方が若干高めか同等の水準のようです。
これに対しアルバイトは、一日当りの勤務時間が短く、しかも深夜などの特別な時間帯で働くことが多いようです。
そして勤務日数も、学生などは、学業を本文としているため、支障がない程度に勤務するといった考えを基に、週3~4日で働くといった体制をとる方が多いのも特徴です。
このように、アルバイトとパートの違いは、似ているようで、違いがあるということをお解りいただけたと思います。

    こちらのサイトもご覧下さい

  • 創業以来、業界に特化することで安心と信頼を築いてきた実績あるCADの求人を探しているなら、安心して働ける環境が整っていて、案件も豊富に用意されたサイトなので会社という枠を越えて、幅広いプロジェクトに携わるチャンスがあるのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 求人まるごとナレッジ・アルバイト編 All Rights Reserved.